2010年02月27日

【学者】ウルガランの聖牛【ソロ】

2010年2月28日を以って「学者まとめwiki」様が閉鎖になるそうです。
今まで大変お世話になりました。本当にありがとうございました。


赤ソロ入門と呼ばれるENM「ウルガランの聖牛」
戦術を見ていると「あれ、これ学者でもソロいけるんじゃね?」と思えたので今回挑戦してみました。

ウルガランの聖牛
敵:Apis先生(バッファロー)
攻撃力:低 間隔:遅 防・魔防:ダメージ無効
攻撃力:中 間隔:中 防・魔防:中
攻撃力:高 間隔:速 防・魔防:低
という3つのモードを一定時間ごとに切り替えながら戦う。
グラビデ・バインドは入るが耐性が付く。

戦術
基本グラバインを入れてのスリップマラソンになるのですが
グラバインは耐性が付き、効き難くなるということで赤の場合は蝉で凌ぎつつグラバインの回数をなるべく落とすみたいです。
まぁ、どこぞの勇者様と違って学者はグラバインをしようと思えばサポ赤確定なので空蝉は使えません。
なので、砂塵の陣+デザートブーツを用いて移動速度を上げることで赤で言うところの蝉で凌ぐ時間を稼ごうと思います。
そして、魔防が下がるモードになった時に2hを発動させて精霊4系で落とそうというわけです^w^

実際手元に置いたメモ
土の陣デザブ
バイオポイズンスリップマラソン
無理そうだったらグラバイン
スキンが剥がれたら電光アギュロー
白に光ったら雪の陣→黒の補遺
2h→ブリサン4

マクロも聖牛用を組み立てたので準備は万端です。
では、挑戦してみましょう。
 
続きを読む
posted by たくと at 09:40| Comment(0) | ■FF11の何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

誰得メモ

分かる人にはわかると思われるメモメモ

ヒーリング(hMP装備)(MP849)
ストンスキン
胴をスカラーガウンに切り替え
範囲化の章(場所分かってたら最初でも良い)
探す
釣る
プガ
ディスペル*n
4回ディスペルしたらプガ2かぶせ
MP650切ったらアスピル
吹雪の陣
INT装備切り替え(MP736)
〜〜〜〜〜
簡素ブリ4
プル2
簡素サン4
プル1
リキャごとにアスピル
〜3セット〜
ブリ3
倒した際ディアの状態の場合ストンスキンをかけてヒーリング
最初に戻る。

これで机上演習を使わず、吹雪の陣効果時間内で倒せます。
ちなみに与ダメージが大幅に減る現象はストンスキンによるもの。
シェルをかけると被ダメがかなり抑えられて◎
チェーンは狙えそうだけど今のところなし。
装備等詳しい内容は後日。
学者の可能性は無限大だ(´∀`)b
posted by たくと at 03:17| Comment(0) | ■FF11の何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

プロマシアミッション〜最終章〜

※学者マクロを更新しました。
※ブログのコメント欄に文字を打ち込む際に文字の色が薄く見えにくかった不具合を修正しました。


PMもいよいよ最終章!

今回はネタバレを含む記事となりますので折りたたんでおきますよと。
 
続きを読む
posted by たくと at 06:23| Comment(0) | ■FF11の何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

【FF11】殴り学者の可能性。【脳筋】

【えーっと…】結論から言わせてもらうと──


ぶっちゃけ殴り詩人のそれより厳しいと思われます。


それでも俺は学者で殴りたいんだ!という奇抜なマゾヒストな人はどうぞ。

 続きを読む
posted by たくと at 22:15| Comment(2) | └■学者(芋煮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

【FF11】学者装備考察

※この記事は随時編集されていきます。

【精霊魔法】
精霊装備.jpg

武器:B.ストラップ+1
頭 :SLボード+1
首 :エレメンタルトルク
胴 :SLガウン+1
手 :イギトゲージ
脚 :マハトマウプランド
足 :イギトクラッコー
指1:タマスリング
指2:スノーリング
耳1:モルダバイトピアス
耳2:エレメンタルピアス
腰 :アギュトベルト or 氷輪の帯
投 :ファントムタスラム
背 :プリズムケープ

int学/赤を想定(ステ+装備+メリポ+雪天候)
INT=70+45+5+7=127
※ブリザドを使用する際は氷輪の帯を使用
腰装備が変わるためINT-5になるがアクィロスタッフ(INT+5)で相殺

精霊スキル(黒グリ+エレメンタルトルク+スカラーガウン+エレメンタルピアス+メリポ)
256+7+15+3+16=297

上記に加えて精霊を打つ際に便利そうな装備(無くても困らないが欲しい物)
・ウガレピペンダント
・ジーニーゲージ
・カサンドラピアス&ヘレノスピアス
・ノーヴィオピアス
・クラポーピアス


【実用範囲の魔攻装備】
   装備
武器:B.ストラップ+1
頭 :魔人の帽子(INT+4魔命+2魔攻+2)
首 :エレメンタルトルク
胴 :SLガウン+1
手 :ゴリアードカフス
脚 :マハトマウプランド
足 :イギトクラッコー
指1:タマスリング
指2:スノーリング
耳1:モルダバイトピアス
耳2:ノーヴィオピアス
腰 :アギュトベルト
投 :ファントムタスラム
背 :プリズムケープ

int(ステ+メリポ+装備+天候)
INT=70+5+39+7=121

魔攻+20(+28※ウガペン)

精霊スキル
256+7+15+16=294(287※ウガペン&雷杖時)
魔命+8


おまけ
武器:属性杖HQ(+15)
頭 :共和軍団兵髪飾+2(自国支配領域+5)or魔人の帽子(魔攻+2)
首 :ウガレピペンダント(+8)
胴 :モルガナコタルディ(+8)
手 :ヴィシャスマフラ(+5)
脚 :コブラトルーズ(+2)
足 :マラブーサンダル(+4)
指1:
指2:
耳1:モルダバイトピアス(+5)
耳2:ノーヴィオピアス(+7)
腰 :
投 :
背 :ソリテールケープ(+2)

サポ黒+装備+天候+曜日
24+61(58)+10+10=105(102)
何の値かって?分かってるくせにw(´∀`)


【強化魔法装備】
強化装備.jpg

武器:フェイスタッフ(+6)
胴:アギュトガウン(+7)
首:エンハンストルク(+7)
耳:オーグメントピアス(+3)
脚:スカラーパンツ(+15)

強化魔法スキル(白グリ+フェイスタッフ+アギュトガウン+エンハンストルク+オーグメントピアス+スカラーパンツ+メリポ3振り)
256+6+7+7+3+15+6=300

ちなみに。
・強化魔法スキル+8のフェイスタッフ
・慈悲の羽衣(強化スキル+5)
があれば強化スキルにメリポを振らずに強化スキル301を目指せます。
posted by たくと at 14:49| Comment(0) |   └■学者装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

装備私的メモ 手足編

私的メモに付き、非常に見にくいと思います。

両手
ゴリアードカフス:魔法攻撃力アップ+4 魔法命中率+4
魔命0.72*4=2.88 魔攻+4
イギトゲージ:INT+5 魔法攻撃力アップ+2
魔命0.74*5=3.7 魔攻+2 INT関数2.3*5=11.5

両足
ゴリアードクロッグ:INT+4 魔法命中率+2
魔命0.74*4+0.72*2=2.96+1.44=4.4 INT関数2.3*4=9.2
イギトクラッコー:INT+3 魔法攻撃力アップ+2
魔命0.74*3=2.22 INT関数2.3*3=6.9

・各セット
ゴリ+ゴリ
魔命7.28 魔攻+4 INT係数9.2
イギト+イギト
魔命5.92 魔攻+4 INT係数18.4
・魔攻重視
ゴリ+イギト
魔命5.1 魔攻+6 INT係数6.9
・魔命重視
イギト+ゴリ
魔命8.1 魔攻+2 INT係数20.7

全部ぽぴぃ;ということには変わりないが同一のコンテンツ関連で手に入るものなので、固定などで参加する場合同時に手に入れるのは難しいと考えられる為どちらかのセットを先に手に入れる形になると思う。

そうなるとゴリセットかイギトセットになるわけだが、各セットの性能差を比べると
・魔命+1.36
・INT係数9.2
のどちらを取るかということになる。
INT係数10前後伸びる程度ならゴリセット一択な気もするが、
コツコツとポイントを貯めると手に入るイギト手足とナイズルを攻略した上でいつ出るか分からないゴリアード装束。
どちらを先行で入手すべきか非常に悩ましい所である。

I<もう固定に参加せずに叫べば良いじゃない
F<【なるほど。】


※この人が長々と何を言っているのか分からない人の為に訳すと
魔法命中率+1%と与ダメージ+10どちらを先に取ろうかと必死に悩んでいます。
本当にどうでもいいですね(´∀`)
posted by たくと at 08:32| Comment(0) | ■FF11の何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

学者の実力。

学者の実力なんて、ばくはつりょく(/laugh)とか言いながら結局は器用貧乏でとても弱いです;

人口もダントツに少ないですし絶対に強化必須ジョブですよ;

学者に古代魔法とリフレヘイスト実装してください;;

続きを読む
posted by たくと at 13:14| Comment(0) | └■学者(芋煮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PM中間報告 その3。

今回は「ゐぬる場所」〜の攻略になりました。

「ゐぬる場所」
なんかヒャッホイしてたら終わった。

「畏れよ、我を」
敵・弱体アイテム
畏れよ、我を/ネタバレ
詳しい内容は↑で。

構成
学赤詩侍忍青

戦術
マメット戦は赤さんがでバッドピアス*2+ガチ回避装備でマンボマンボをもらってマラソン。
前衛はそこから1匹ずつ引き抜いて戦闘。
オメガ戦はオメガを感知エリア外まで引っ張りそこで戦闘。
盾以外はオメガの後部へ移動。
後方石化のリアレーザーは使用頻度が低いみたいなのでこの立ち居地になりました。
というか、下見本番両方ともリアレーザーはお目にかかれませんでした。
HP半分からCCBポリマーを3つ使う。
アルテマ戦はオメガ戦と立ち位置や戦闘方法はほぼ同様。
HP半分からCCBポリマーを使い2hアビでゴリ押す。

感想
ミスは許されないBCなのでは最初は2hアビ・薬品なしで特攻してみました。
結果は
畏れよ下見.jpg
もちろん全滅しましたが、アルテマのHP残り3割以下まで削ることができました。

これは薬品使えば余裕だなという事で本番戦。
畏れよクリア.jpg
下見の時と比べてアルテマがケミカルボムを乱射してきましたが、電光石火の章でイレースをすばやく盾に2回かけることで事なきを得ました。

「決別の前」
トンベリ戦はわかせた後一旦エリアするとトンベリが沸いたポイントに帰り順に消えていくので最後に残った1体を釣って討伐という裏技を使いました。
あとのNMは大したこと無いので割愛。

「武士道とは」
敵:ござる
構成:学詩黒アアア(ア=アタッカー)
戦術:LSメンバーの提案で詩人のソウルボイスで強化かけてごり押そうということになりました。

テンゼン.jpg
結果は楽勝。
構成をメモするのを忘れるくらいあっけなかったですw
(多分アタッカー3人は侍侍狩とかだったはずw)

とまぁ、そんなこんなで
8章.jpg
みんな無事最終章までたどり着くことができました。

1ヶ月ちょいで最終章まで来るのは結構速いペースみたいですね〜

このペースを維持しつつ一気にクリアしてしまおうと思います。

以上、PM中間報告でした。
posted by たくと at 00:52| Comment(0) | ■FF11の何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

PM進行中間報告 その2。

最近FF11の活動内容がPMの準備やPT構成の考察であけくれているTakutonです。

主催はいろいろ忙しいですけど、メンバーの出せるジョブからベストなジョブ構成を考えるのはとても楽しいですね。

また、メンバーが自分の頑張りにしっかり応えてくれるのが次への励みになってたりで自分は本当に周りのメンバーに恵まれているなぁと思います。

しかし、この先このような大掛かりなミッションの主催はやらないと思いますw


というわけで、今回はみっつの道の攻略記。

「なにゆえにその子は」
敵:モブリン*4 バグベア*1
構成:学赤忍忍踊黒
戦術:開幕学者の範囲バインドでモブリンを固定して、バグベアは赤がマラソン。前衛はモブリンを1匹ずつ処理していきバインドの解けたゴブリンには学が範囲グラビデをかけてマラソン。
モブリンを全て倒したら全員でバグベアを討伐。

感想:作戦は完璧でした。作戦は。。。
問題点を挙げるとしたら、範囲バインドで誘ったバグベアが赤の弱体でうまくタゲが取れなかった点と、σ(゚∀゚ )がとてつもなくアフォだった点。
範囲バインドが成功し、バグベアがこっちに走ってくるところに赤さんが弱体を入れてくれたので「さぁ、本隊のりこめー^^」と突っ込んだらバグベアのタゲが取れておらずぼこぼこにされた上に魔法タイプのモブリンから精霊魔法一斉掃射を食らい
σ(゚∀゚ )昇天w
念のため用意してたサブヒーラー2人がうまく機能してくれて無事攻略できたのですが
学者は突っ込んじゃダメですね。はい。
あと、バグベアのタゲを安定して取るために赤はサポ戦で挑発をすると安定しそうですね。


「向かい風」
敵:罪狩りミスラ3匹+小竜とウサギ
弱体アイテム:サイレドンの黒焼き(使用すると、WSを一定時間使わなくなる)
構成:学赤黒黒黒侍
戦術:学者の吹雪の陣+虚誘掩殺の策を範囲化してPTにかけ、時間を指定してフリーズをミスラ1匹に一斉掃射。
罪狩りミスラのHPが残ったら学と赤と侍で追い討ちをかけて1匹倒す。
その後一旦全滅した後再びフリーズを一斉掃射し、残った1匹をみんなで倒す。
感想:サイレドンの黒焼きとはなんだったのか?
完璧に上記の戦術通りに事が運びました。
このBCはゾンビアタックゲーと割り切ればそこまで難しいBCでは無いみたいですね。

ndk.jpg


「迎え火」
敵:Snoll Tzar*1
弱体アイテム:シュ・メーヨの塩(制限時間を延長)
構成:学赤ナ侍黒黒
戦術:このBCは30秒くらいでボムが爆発して戦闘が強制終了してしまうという難しいBCで火力重視の構成が求められます。
開幕ナがインビンジブルを使いタゲを引き付けたら【全力で攻撃だ!】
感想:Lv60制限ということで侍のペンタスラストが強いこと強いこと。
後衛も精霊の泉や連続魔を発動させてゴリゴリ押して行き、シュ・メーヨの塩1つ分の効果が切れる頃には倒してしまいました。


「螺旋」は面倒ではありましたが、時間をかければ確実にクリアできる内容でした。
シーフツールとはなんだったのか?


そして今日はいよいよPMの「畏れよ、我を」攻略の日です。

かなり苦戦することが予想されますので入念に準備をしていきます

弱体アイテム
イエローリキッド
CCBポリマー

薬品
ヤグードドリンク:5本+素材12本分
ハイエーテル:持てるだけ
スーパーエーテル:5本
プロエーテル+1:2本
バイルエリクサー
やまびこ:1D

その他
リレイズピアス
呪符リレイズ

ここまで用意して失敗したら諦めの境地なのでミスは許されませんね。
気合入れていきますよ〜(`・ω・´)
posted by たくと at 16:30| Comment(0) | ■FF11の何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

【マクロ】どうせん!【動線計画】

いきなりですが、皆さんは動線をご存知でしょうか?

動線
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

動線(どうせん)とは、建物の中を、人が自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもの。建物の間取りを設計する際に気をつけなければならない。設計の際に利用者の行動パターンを予測し、より明快に、また移動距離が長くなりすぎないように平面計画を練る。設計において動線を特に考慮することを 動線計画という。


これはFF11のマクロでも言える事で、

動線(どうせん)とは、マクロパレットの中を、カーソルが自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもの。マクロの並びを設計する際に気をつけなければならない。設計の際にプレイヤーの行動パターンを予測し、より明快に、また移動距離が長くなりすぎないようにマクロ構成を練る。設計において動線を特に考慮することを 動線計画という。

この動線を短くすればするほど迅速な行動が取れるわけです。

では無駄にややこしい学者マクロを作って喜んでいるTさんのマクロを見てみましょう。

Tさんのマクロ.jpg
左から
白のグリモア
黒のグリモア
範囲化の章
消費MP1/2の章
キャストリキャスト半減の章
回復量・与ダメアップの章
大悟徹底
机上演習
ヒーリングMP装備
MND・INT・MP装備(今回は万能装備マクロだと思って下しあ)
となっています。

ではパターンを考えてみましょう。
■パターン1
範囲ストンスキンをかけた後MP装備に着替え範囲ファランクスをかける。
※ファランクスのマクロに強化スキル装備が入りきらないため、MP装備を一度経由する必要がある。
@範囲化の章を使い、MP装備に着替える
範囲化の章→MP装備(左方向に3)

A再び範囲化の章を使う
MP装備→範囲化の章(右方向に3)

パターン1.jpg

以上の行動で左右に動いた回数は6回となります。


■パターン2
カンパニエで白のグリモアから黒のグリモアに切り替えて、INT装備に着替えて与ダメアップの章を使い精霊魔法を撃った。
するとタゲがこちらに向いてストンスキンが剥がれたので白のグリモアに戻し、MND装備に着替え詠唱速度半減の章を使ってストンスキンをかけた。

@黒のグリモアに切り替えてINT装備に着替え
黒のグリモア→INT装備(左方向に2)

A与ダメアップの章マクロを決定
INT強化装備→与ダメアップの章(左方向に4)

Bストンスキンをかけるために白のグリモアに切り替え
与ダメアップの章→白のグリモア(左方向に5)

CMND装備に着替え
白のグリモア→MND装備(左方向に1)

D詠唱速度半減の章マクロを決定
MND装備→詠唱速度半減の章(左方向に5)

パターン2の1.jpg

以上の行動で左右に動いた回数は17回となります。


マクロの左右の行動数の最大値は5回なので、非常に無駄があるということがわかります。

また、移動回数が多ければ多いほどマクロ選択ミスが起きやすくなるため、なるべく1行動ごとの移動回数を減らすことも重要となります。

では、動線計画をしてマクロの並びを変えてみましょう。

Tさんのマクロ2.jpg
今度は
白のグリモア
黒のグリモア
ヒーリングMP装備
MND・INT・MP装備
範囲化の章
キャストリキャスト半減の章
回復量・与ダメアップの章
消費MP1/2の章
大悟徹底
机上演習
となっています。

使用頻度の高い装備切り替えマクロを真ん中に据える形にチェンジしました。
では、このチェンジでいったいどれほどの差が出るのか見てみましょう。

■パターン1
範囲ストンスキンをかけた後MP装備に着替え範囲ファランクスをかける。
※ファランクスのマクロに強化スキル装備が入りきらないため、MP装備を一度経由する必要がある。
@範囲化の章を使い、MP装備に着替える
範囲化の章→MP装備(左方向に1) -2 ←前回比

A再び範囲化の章を使う
MP装備→範囲化の章(右方向に1) -2

パターン1の2.jpg

以上の行動で左右に動いた回数は2回(前回比-4)となります。


■パターン2
カンパニエで白のグリモアから黒のグリモアに切り替えて、INT装備に着替えて与ダメアップの章を使い精霊魔法を撃った。
するとタゲがこちらに向いてストンスキンが剥がれたので白のグリモアに戻し、MND装備に着替え詠唱速度半減の章を使ってストンスキンをかけた。

@黒のグリモアに切り替えてINT装備に着替え
黒のグリモア→INT装備(右方向に2) ±0

A与ダメアップの章マクロを決定
INT強化装備→与ダメアップの章(右方向に3) -1

Bストンスキンをかけるために白のグリモアに切り替え
与ダメアップの章→白のグリモア(右方向に4) -1

CMND装備に着替え
白のグリモア→MND装備(右方向に3) +2

D詠唱速度半減の章マクロを決定
MND装備→詠唱速度半減の章(右方向に2) -3

パターン2の2.jpg

以上の行動で左右に動いた回数は14回(前回比-3)となります。

一部移動回数が増えたところがありますが、マクロ選択ミスに繋がる5回の移動を無くし、総合の移動回数も減らすことができました。

小さな変化ではありますが、FF11のステータス同様この小さな積み重ねが大きな差になってくるのではないでしょうか?

後日このマクロ配列を学者マクロに反映させたものを公開しようと思います。

以上マクロの動線計画でした。
posted by たくと at 22:03| Comment(0) |   ├■学者マクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする