2009年07月26日

【ジャッジメントリングの】AE練習番外編【作り方】

門が狭すぎて叩こうにも叩けずにコメントすら付かないというw

マイナーネタを取り扱った結果がこれだよ!

これがニコニコ流の体裁か・・・いやいつものことなんですけどね。

シャドウハーツを布教した友達にも何か微妙な反応をされますた

そういえばその友達SH1触ったことなかったわ(^ω^)うっかり☆

みんなシャドウハーツ神ゲーだからやろうず☆

唯一にして最大のミスはFFXと発売時期かぶっただけだから内容は胸を張ってお勧めするよ!(^ω^)



まぁ、弟には非常に受けが良かったので良しとしましょう!
(身内ネタ過ぎるだろ)

作り方は必要ないだろうけど簡単に説明↓

続きを読む
posted by たくと at 10:30| Comment(0) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

動画できたお!(^ω^)



かなり試行錯誤して作ったので、作り方はまた次回に持ち越しということで・・・
(;^ω^)疲れたお・・・
posted by たくと at 18:17| Comment(0) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

テストを行います^ω^

川 ゚ -゚)「あ、君。」

( ^ω^)「デュフフwwwなんだお?ww」

川 ゚ -゚)「今までいくつかのエフェクトの活用方法やAE基本知識を学んだのでここで1つニコニコ動画に出せる様な動画を1つ作ってもらいます。」

(;^ω^)「ちょっ、いきなりすぎるお…」

川 ゚ -゚)「今まで使ったエフェクトのどれかひとつは使った作品をニコニコ動画に提出してください。
動画を作成するに当たって新たなエフェクトを使用する際はいつも通りブログに使用方法を書き込んでください。」

川 ゚ -゚)「なお、提出物の採点は行いませんが、手抜き等あった場合ニコニコ流の体裁に遭うものだと思ってください」

(;^ω^)「・・・。」

川 ゚ -゚)「では、今までに学んだことをフルに生かしてがんばってください。以上です。」

(;^ω^)「わ、わかったぉ・・・」

(;^ω^)(困ったぉ、何作れば良いのかぜんぜんわからんぉ・・・)

( ^ω^)(でも、何かしら形にしていこうと思うから楽しみにしててほしいお)
posted by たくと at 19:30| Comment(0) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

【うおっ】AE練習4回目part2【まぶし!】

また魔法陣を作り直した訳ですが、
デザインそのままだと面白くないので少し改造
魔法陣.jpg
ほんとに少しだなって言わない

作り方は参考にしたサイトとほぼ一緒なのですが、覚書もかねてここでも説明。

@魔法陣を描く

A魔法陣を細かくパーツ分けする

B魔法陣をPDF形式でAEに取り込む
[ファイル]→[読み込み]→[ファイル]→[ファイルの読み込み]ウィンドウで読み込みたいファイルをクリックして下部の[読み込みの種類]を[コンポジション−レイヤーをクロップ]にして開く。

Cレイヤーを読み込む
今回の上下左右にある小さな丸と文字のような個別に処理するものは読み込まない

Dレイヤーをすべて3Dレイヤーで操作のチェックボックスにチェックを入れる

E魔法陣を動かす
・3DトランスフォームTIPS
※○xは○の数だけその方向に回転する+○°は丸の角度だけその方向に回転する
X回転・・・縦方向に回転する
+方向で手前に回転−方向で奥に回転
Y回転・・・横方向に回転する
+方向で左回転−方向で右回転
Z回転・・・上から見下ろした形で左右に回転
+方向で右回転−方向で左回転
・放射状ワイプTIPS
変換完了・・・0%に近づくほど出現する表現になります
開始角度・・・どこから出現し始めるかの設定
境界のぼかし・・・出現する際ぼかしを入れます

FCで読み込まなかった部品を組み立てて1つのレイヤーにする
・新規コンポジションを開く
・Cで読み込まなかった部品を読み込む
・Eまでの作業を行っていたコンポジションをレイヤーとして読み込み位置を調整しながら組み立てる
・必要であれば各部品に動きを加える
※Fの工程で小さな丸などを組み立てて1つのレイヤーを作っている。
魔法陣分解の段階で、普通の1つのレイヤーに小さな丸が4つ配置してある状態なら拡大縮小を加えると小さな丸が動きながら拡大縮小されるが、小さな丸もその丸の中心をレイヤーの中心にしているレイヤー素材を用意しているため、小さな丸それぞれの拡大縮小が可能になっている。

GFで作ったコンポジションをレイヤーとしてコンポジション1に取り込み、Z軸回転など動きをそろえる。

H新規コンポジションを開きコンポジション1をレイヤーとして取り込み、そのレイヤーの位置、大きさ、方向を決める
方向TIPS
設定する値が3つあるが
左から「縦回転」「横回転」「Z軸回転」となっています
I新規コンポジションを開きHのコンポジションをレイヤーとして読み込み、エフェクト「ブラー(滑らか)」をかける

JIの工程をブラーの値を分けて3回くらいやる
※ブラー濃いめ ブラー薄め ブラー文字がぎりぎり見える目みたいな感じで値を分けます

K新規コンポジションを開きHのコンポジションとブラーをかけたコンポジションをレイヤーとして取り込む
※ぼやけ具合が足りないようならブラーをかけたコンポジションを追加読み込みする

L新規コンポジションを開きKのコンポジションをレイヤーとして読み込み、エフェクト「shine」をかける

M「shine」の設定値を弄りイケメンにする
shine設定TIPS
Sourse Point・・・光の出る方向を決める
Ray Length・・・光の伸び加減を決める0にすると元の文字が見える
Boost Light・・・光の強さを決める
Colorize・・・光の色を設定する
今回は冥王なのは様の魔法陣なのでピンク色に設定
Shine Opacity・・光の不透明度

NKのコンポジションとMのコンポジションをレイヤーとして取り込み
Kのレイヤーにエフェクト「shine」をかけて色合いを調整
※ここでのShineは光はほとんど出さずに色だけを設定します

できあがり(^ω^)ワホーイ
え?日本語でおk?やればわかるさ(^ω^)
今回はAEは作成したコンポジットをレイヤーとして使用できるということが理解できたことだけでもかなりぼろ儲け。
ちなみに、H辺りからコンポジットをホイホイ開きまくってるけど自己流なので、もっとスマートで効率いい作業方法が絶対あるはずw

ちなみに今回できた物↓


動きパクリじゃ面白くないので自分で適当に展開してみました。
魔法陣の中の四角がぎゅんぎゅん回ることで内円が浮き出る仕組みを表現したんだけど、伝わったかな?(^ω^)

ちなみに、この魔法陣やたらピカピカしてるのでエンコ殺しっぷりがやばいです(^ω^;)
ちなみに、↑の動画でビットレート6000kbpsです
ぱねぇおwww(^ω^)

あまりにも意味不な所、作業工程の指摘、気づき等ありましたらコメントくださいな〜
posted by たくと at 23:16| Comment(0) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ディバイン】AE練習4回目part1【バスター】

今回作ったのはこれ↓

ディバインバスター

↓本家様

なのは様(白)の足元に展開してる魔法陣が今回作ったものになります。

ちなみにここ↓を参考にして作成
http://hiro0252.blog110.fc2.com/blog-entry-19.html

むしろ数値もほぼ説明通りなので、この技術を自分のものにするためもう少しポチポチ弄ってみようと思います。
(`・ω・´)
posted by たくと at 10:26| Comment(0) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

【アイマス】AE練習3回目【ミク】

まずはこちらの動画を見てもらいましょう

やよいたんが俺のPCデスクの上で踊ってるお♪(^ω^*)
実はこの合成、案外簡単にできてしまいます。

今回使用したエフェクトは「keylight」
指定した色を透過処理してくれるという物です。

そして今回の素材はこちら


知る人も多い背景が1色になる隠しコマンド
この素材もそのコマンドで背景が緑色一色にしてあります。

なぜか動画をダウンロードできなかったので素材を再生したものをキャプチャーするという荒業で素材をゲット。

そして自分の部屋の写真もパチリ
背景.jpg

これで準備完了!

手順
@素材をAEに放り込む
A動画にエフェクトkeylightをかける
BScreen Colourを設定
C設定を弄ってイケメンにする
keylight設定TIPS
・Screen Gain・・・透過する色をどのくらい透過するかの設定。
数値を上げるほどきれいに切り抜ける
しかし、数値を上げすぎると色合いが悪くなる
・Screen Balance・・・色合いに影響すると思う
詳しくは不明
・Screen Matte
 ・Screen Despot White・・・数値を弄ることで切り抜いた部分を透明にすることできる。
不透明度に似ているが切り抜いた物の外側から透過されていく所が違う。
今回のやよいの登場シーンに使われているのがこの数値。
(ほかにもたくさん設定する値があったけど、使わなかったし何が変わるのかよくわからないものが多かったです。)
E背景に対して色調が浮いてるのでエフェクト「トライトーン」で背景に対して自然な色合いにする
FAEから動画を出力しPremiereで曲を足す等微調整をしてできあがり。

ね、簡単でしょ(^ω^)
ここまで簡単にできるものだとは思いませんでした。

これができると今流行りのミク等の背景単色化された素材でMADをつくることもできるようになります。

うは、夢が広がリングwww(*^ω^*)
posted by たくと at 21:53| Comment(0) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

【AE】AfterEffects練習2回目【またシャターか】

タイトル通りもうちょっとだけ続くんじゃ。

といっても今回はシャターを使って桜吹雪を作ってみようと思いますよ

今回はこの動画を参考にしました


まず動画の説明どおり花びらの絵とその絵のアルファ画像を用意します
前回は素材に手をかけすぎたので今回は簡単な物をささっと用意しました。
花びらブログ用.bmp
てきと〜
米粒って言ったやつちょっとこっち来い(^ω^)

@用意した素材をAEに入れる
Aアルファ画像を見えないようにする
B花びらの画像にシャターをかける
Cシャターの設定を弄ってイケメンに
設定TIPS
 シェイプ
 ・押し出す深さ…粉砕させる画像に厚みを持たせる
今回は薄い花びらを表現するので0にしました。
 フォース
 ・半径…シャター処理で吹き飛ぶ範囲に影響
 ・強度…吹き飛ぶ強さに影響
 物理的性質
 ・回転速度…吹き飛んだ破片の回転具合に影響
 ・ランダム度…吹き飛ぶ破片の方向にランダム性を持たせる
 ・重力…吹き飛んだ破片が落ちる速度に影響
 ・重力の方向…破片の落ちる方向に影響
 ・重力勾配…破片が前方に飛ぶか後方に飛ぶかの設定
Dカメラを弄って左上から花びらが舞っているように設定

できあがり(^ω^)

(^ω^)このくらい朝飯前だお
ついでに桜の風景写真に吹雪かせてやるお

(^ω^)どうしてこうなった!?
というわけでTony先生に質問してみました

Tony先生曰く
アルファチャンネルが作れてないんですw
JPGはアルファチャンネル(透明の色情報)が記録できないんですよ
オススメはフォトショップのPSDです
フォトショなら背景を消して、透明レイヤーに描くだけですね

散々アルファ画像使うとかのたまってたのに上手く作れてないとかどんだけだよ俺(^ω^;)
その後Tony先生の言うとおりにやったらすんなりできました。
ついでに毒々しい色だった花びらの色も修正

素材を揃えて今一度作り直しました

おー綺麗綺麗。

次は問題の背景との合成

上手に舞いましたー(^ω^)よかった
Tony先生のおかげで上手くいきました
ありがとうございました(*´ω`*)

次回はTony先生のススメでアイマスMADに欠かせないあの技術に挑戦します
(^ω^)がんばるお
posted by たくと at 12:07| Comment(1) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AfterEffects練習その1

今日から動画編集技術向上を目指しAfterEffects(AE)の勉強をちまちまとしようと思いますよ

0日目
・心機一転意気込みを新たにPCのデフラグの時間にお部屋のお掃除
090717_1507~0001.jpg
コンセントがごっちゃりしてるけどキニシナイ(・ε・)
綺麗になった俺の部屋を見て家族全員に「彼女でもできたのか?」と聞かれました
俺に彼女ができる確立=俺が部屋の掃除をする確立(^ω^)
どんだけ低いんだよ(^ω^;)

・トランスフォームのお勉強。
といってもプレミアエレメンツとほぼ一緒だったので適当に弄った感じになります。よって0日目。



1日目
さぁ、やるぞといったものの何をすればいいのかちんぷんかんぷんなので、とりあえずアニメとか見て真似できそうな表現技法があればそれの再現に挑戦してみようと思いました。

そして、今回はとある魔術の禁書目録のアイキャッチのパリーンの部分に挑戦。

ガラスにヒビが入るシーンはマスクとか使えばできるんだろうけど良く分からんのでパス
パリーンのシーンはヒビが入った所からちゃんと割れるようにどういう風に割れるのかを表した画像(アルファ画像)を作ります。
元画像にレイヤーを重ねて直線ツールで簡単にヒビに沿って線をポチポチ
ポチポチしたものがこちら
アルファ画像比較.jpg
上が元画像、下がアルファ画像になります。

あと、その他素材もポチポチ作ってAEに投入。

元画像にエフェクトのシャターをかけて
表示をレンタリング
シェイプのパターンをカスタムに
カスタム粉砕マップを先ほど作ったアルファ画像を指定
その後パリーン具合を見て物理的性質を弄繰り回してイケメンに設定…したかったけどできなかった。
パリーン後にタイトルを表示するようにしてパリーン動画のできあがり。

その後、プレミアにパリーンの動画をぶち込み
ガラスにひびが入る演出の後にパリーン動画をいれて時間、タイミングなどの調整を加えて動画の完成

完成した物がこちら


本物と比較した物がこちら


( ^ω^)・・・。
(^ω^)どうしてこうなった!?

反省点
・いきなりやることが無謀
(心が数回折れかけました)
・割れる瞬間になぜか飛び散る小さなかけら
(謎現象1)
反省2.jpg
・割れた時に画面のふちにガラスが残ってた
(謎現象2)
・粉砕後アルファ画像のライン部分が残って見えてしまっている
反省点1.jpg
(アルファ画像のラインを細くしたらいいのかよくわからないけど、画面はしにガラスが残る現象と関係がありそう。)
・ガラス透けたらもっと良かったなぁ
(透けるようになる方法が分かりません、透過レイヤーとか入れてそれを割ればー・・・うーん・・・)
・似てない
(むしろ似せる気が無い、それっぽくするのでいっぱいいっぱい)
・AEの練習にさほど必要ない素材(タイトル)の作成に時間かけすぎ
(小萌先生は俺の嫁^ω^)
合法ロリ.jpg

今回はこんな所です。
こういう再現等はもっと基本を学んでからの方が良いですね
次回からはもっと基礎の部分の技術を1つ1つ学んでいこうと思います。

反省点に関してや何か気付いた点があればご指摘お願いします
posted by たくと at 04:27| Comment(2) | AfterEffectsの何か。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする